デイトレで百人斬りを目指す!

デイトレーダーであるJIMが、毎日のデイトレ収支結果を公開し百人斬りを目指すブログ

トレード環境

PCを自作してみた

投稿日:2020年8月1日 更新日:

PCを自作しました

先日パソコンを初めて自作しました。

以前から良いパソコンを買いたいとは思っていたのですが、

今使っている低スぺノートPCでも何とかなってるしお金もないし後回しでいいかと思ってました。

前のノートパソコンのスペックはこちらの記事に書いてあります。

トレード環境について

 

いつかはPCを自作しようしようと思って先伸ばしにしていたところ、

そこにコロナがやってきました・・・・

コロナで自粛だと言われてアルバイトのシフトも減ったので、

ずっと考えてたPCの自作にとうとう取り掛かることにしたというわけです。

 

まあしてみたと言っておきながらもう組み立ててから2か月以上経ってます。(笑)

4月くらいにアマゾンでパーツを購入してゴールデンウィーク前には組み立てました。

 

パソコンを自作する理由は何より安く済むということです。

BTOパソコンを同じスペックで頼むと1万円から2万円くらい高くなります。

デイトレするならパソコンは自作するべき!・・・とまでは言いませんが、

パソコンのことに詳しくなっておけば後にスペックを上げたいと思った時に楽です。

デイトレで一番重要な武器であるパソコンですから、

自分で自由にカスタマイズできるようになっておいて悪いことはないと思います。

 

僕がよく参照したサイトはこちらです。

自作PC予算別まとめ20選!見積もり,作り方,組み立てをプロが解説

 

ここから先は自作PCに興味がない人にはなじみのない単語が出てくるので、事前にある程度調べておくとわかりやすいかもしれません。

外観

外観はこんな感じになりました。

サーマルテイクのPCケースです。

安いわりに評判が良かったのでこれにしました。

個人的にホワイトの方がかっこいい気がしたのでこちらにしました。

 

内観

中身はこんな感じです。

 

デカい割に中身はスカスカです。

デイトレするだけだったらGPUはいらないしCDドライブもいりません。

もしモニターを増設したくなったらGPUを買えばいいわけです。

 

構成

構成はこんな感じです。

CPU:インテル Core i5 9400

GPU:なし

マザーボード:アスロック製 Z390 PRO4

CPUクーラー:なし(CPUに付属)

電源ユニット:玄人志向 KRPW-N500W/85+

メモリ:VColor DDR4-2666 PC4-21300 16GB

SSD:シリコンパワー製 256G

PCケース:Thermaltake Versa H26 White

OS:Microsoft Windows 10 Home

 

 

以上が僕のPCの構成であり、今回買ったものすべてです。

それでは構成について説明していきます。

 

あ、先に言っておくと実は僕はMT5をやってみたいと思ってPCの自作をしてます。

MT5を動かすという前提で構成しているので単なるデイトレ用ならもう少しスペックを落としても大丈夫だと思います。

ただ、他のデイトレやってる方のPC環境とか見ると更なる高スペックPCを使ってる方も多いので、

余裕をもってこのくらいのスペックがあると快適かもしれません。

まあ結局MT5は難しくて何もできてないんですよね・・・・ほんと難しいんですよ。

 

CPU

CPUはインテルのcorei5 9400です。

 

 

デイトレをするためのPCを自作するなら、インテル製品にするべきです。理由は後述します。

デイトレをするだけならこれくらいの性能のCPUで十分だと思います。

と思って調べてみたら最近発売されたcorei3の10000番台ならもうこれと同じくらいの性能出るみたいですね。

なんかこっちのほうが安いしもう少し待ってこれ買えばよかったかもしれません・・・・

 

 

CPUを選ぶ際に気を付けてほしいのは、

CPUの中にはグラボ(GPU)内蔵のモデルと内蔵していないモデルがあるのでここは要注意です。

間違えて内蔵していないモデルを買ってしまうと、グラボを別で買わないと映像出力することができません。

インテル製品だと、最後にfがついてるものはグラボを内蔵していないモデルなので気を付けてください。

AMD製品だと反対に最後にGがついてるモデルにのみグラボを内蔵しています。

 

ちなみにインテル製品は最後にKがつく製品にはCPUクーラーが付属していないので気を付けてください。

僕もついてないと思ってCPUクーラーを買ってしまったので返品しました。

未開封だったのでほぼ全額戻ってきましたが、もったいなかったですね。

 

MT5について

MT5に興味がない方は読み飛ばしてください。

実はMT5では、CPUの性能がバックテストをするときのスピードに関わってきます。

具体的には、コアの数だけ並行してバックテストを行うことで、数値の最適化にかかる時間が早くなります。

なので僕の場合は、予算以内でコア数が多めの6コアのcorei5 9400にしました。

しかし、バックテストしてから気づいたのですが、平行してバックテストを行えるのはコアの数の分ではなくてスレッドの数の分だけ平行してバックテストできるみたいなんですよね。

このCPUは6コアですが、スレッドは同じ6スレッドです。

ということはコア数が4コアだとしてもスレッド数が8スレッドなら、そちらのCPUの方が早くバックテストを行えるようです。

まあこれは後から気づいたので仕方ないのですがちょっと残念ですね。

 

 

マザーボード

CPUが決まればマザーボードも決まります。CPUに対応しているマザーボードを買えばいいのです。

Z390 PRO4というマザボです。

 

 

僕はアスロック製のものにしました。特に理由はなく、当時一番安かったものです。

ここで注意なのですが、インテル製品用のマザボだとVGA端子がついているのですが、AMD用のマザボだとVGA端子がないものが多いんですよね。

もちろんマザーボードによりますが、AMD製のCPUにはGPUが内蔵されていないモデルが多いので当然かもしれません。

デイトレをやるならマルチモニターは必須だと思うので、映像出力端子は多いほうがいいです。

AMD用のマザボだとこの端子がなかったりする

 

ここにCPUはインテルの方がいい理由があります。

まあ初めからグラボで出力するつもりなら問題ありませんが。

 

電源ユニット

電源ユニットは500Wのものです。

 

 

 

僕の構成ではグラボがないのでそこまで大きいワット数じゃなくていいかと思い、これを選びました。

あまりワット数が低いものだと問題が起こるようなのですが今のところ問題ありません。

 

メモリ

メモリはとにかく16Gで安いものを探しました。

 

 

僕が買ったものは台湾のメーカーらしいですが正直メモリに関してはそんなに変わらんだろうと思ってあまり考えてないです。

細かい性能とかもあるようですが一番安いものでいいと思います。

リンクは記事を書いた当時一番安いものです。

 

SSD

SSDは250Gでとりあえず買って、そのあとにHDDを増設しようと思ってました。

 

 

そもそも前のノートPCはHDDの500Gだったのですが、その容量の半分も使ってなかったので、こんなもんでいいだろうと思いました。

現状半分も使ってません。

SSDもm.2とかPCI接続だとかで性能の違いがあるようですが気にするほどではないと思います。

 

OS

OSは持ってないので買いました。

 

 

OSにはDSP版(一回きり版)と通常版がありますが、

通常版を買っておけばウィンドウズ10以降のアップデートはないらしいので次にパソコンを買った時にも使えるらしいです。

要するにウィンドウズ11とかは出なくなるようなので長く使えるようです。

 

PCケース

PCケースは上にある参照サイトでコスパが良いと書いてあったのでこれにしました。

 

 

まあ正直デカすぎますね。

僕のパソコンのスペックだとこのサイズは必要ありませんでした。

ミドルタワーのもので良かったです。

グラボを増設するならこのくらいのサイズだと良いかもしれません。

 

値段相応ということかもしれませんが色々と作りが荒いところがあります。

側面の透明の板のねじが回しづらかったりそもそも外箱を開ける前から傷ついてたりしました。

普通に使う分には全く問題はありませんけどね。

 

始めて組み立てた感想

組み立てに関しては大体3時間くらいかかったと思います。

午後8時くらいに組み立て始めて、11時くらいに組み立て終わりました。

ユーチューブで組み立てを解説してくれる動画を見てから組み立てたので何となく手順はわかってました。

 

基本的には動画の通りに組み立てるのでそれほど突っかかりはしませんでした。

先にマザボにCPUなどを取り付けていき、その後にマザボをPCケースに取り付け、配線をします。

 

印象に残ったのは、マザボの端子が硬くていやこれ壊れない?ってくらい押し込まないとちゃんと入らなかったりするので怖かったです。

差し込む度にマザボがミシミシ言うんですよね。

結構力入れて押し込まないと入らなかったりするので、初心者にはちょっと怖いところです。

 

電源ケーブル類もそうですが、特にメモリが硬かった記憶があります。

ファミコンのカセットくらいと聞いてましたが、それよりは全然硬いです。

マザボとの相性によるのかもしれません。

謎にカラフルなメモリ

 

ケーブルはいっぱいありますが、ほとんど使いません。

見たことないような極太ケーブルは初めてみるとビビりますね。ヘビかと思いました。

押し込まれた使わないケーブルたち

 

あとPCケースのねじが多すぎてはじめは何が何だかわからなかったです。

でもちゃんと見てみると3種類しかねじが入ってなくてそれが大量に同じ袋に入ってるものですから困ったものです。

袋分けしてくれればいいのに。

似たようなねじが大量に同じ袋に入っている

 

組み立ててとりあえず起動してみようとスイッチを入れましたが起動しませんでした。

まあ初心者なので当然どこかミスってるわけです。

原因はマザーボードの電源ケーブルを1本しか繋げてなかったからです。

普通電源ケーブルを二本差す必要があるなんて思わないですよね。

このページ見てもわかりづらい

 

マザボによってはこういうこともあるようです。

 

総費用

自作PCにかかった費用です。

CPU・・・・・・・・・22018円

マザーボード・・・・・13980円

電源ユニット・・・・・5500円

メモリ・・・・・・・・7580円

SSD  ・・・・・・・・4675円

OS・・・・・・・・・11260円

PCケース・・・・・・4200円

 

合計・・・・・・・・69213円!!!!!!!

7万円切りました!

このスペックで7万円切るならまあまあじゃないでしょうか。

 

と言いつつCPUクーラーを間違えて買って返品してるので実際に払ったお金は7万円超えてるんですよね(笑)

でも多分今作ったらもっと安くなると思います。

僕が買った時ってまさにコロナ真っ只中で品薄のためちょっと高かったんですよね。

CPUなんかは今なら2万円で買えますし、同じものを今買ったら若干安く済むと思います。

 

まあゴールデンウイーク中は新しいパソコンで遊べたので外出しなくても楽しめたのでそこは良かったですね。

 

終わりに

というわけでPCを自作したのですが、思ったよりは簡単だったと記憶しています。

もちろん予習をばっちり行った上での自作ですが、

用語さえ押さえてしまえば難しくありません。

 

とにかく大事なのは構成を間違えないことですね。

組み立ての時に壊してしまうということはほとんどありませんので、

買うパーツさえ間違えなければ大丈夫です。

間違えたら返品するしかないのはCPUとマザボの組み合わせです。

動作するかをちゃんとネットで調べてから購入するべきです。

ここさえ間違えなければ後は何でもいいと思います。

 

もしも高性能PCが欲しいけど安く済ませたいのでしたら自作PCに挑戦してみてはいかがでしょうか。

長々とありがとうございました。

 

 

ランキングに参加しています
押していただけると励みになります

株式デイトレードランキング

-トレード環境


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

トレード環境について

現在のトレード環境 デイトレをやっているとやっぱり気になるのはデイトレ環境ですよね。 今回は僕のトレード環境を公開していこうと思います。   2020/4/7 現在のものです。 全体 デスク …

自己紹介

JIM

・超弱小デイトレーダー
・株歴は2018年から
・20代中盤
・百人斬りを目指すどころか一人斬りもままならない

カテゴリー

ランキングに参加しています
押していただけると励みになります

株式デイトレードランキング
2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31